*
ホーム > 良くある質問 > 車検の有無って査定額に影響する?

車検の有無って査定額に影響する?

車を手放すことにはいろんな理由がありますが、一番多いのは新しい車を購入するために、それを下取りに出すことで、購入資金とする場合です。

その場合には車査定をしてもらうことにより、現段階の評価額を出してもらう必要があります。

通常は、業者に依頼することで見積もりを出してもらいます。

その際に業者が見る項目というのはあらかじめ決められていますが、非常に事細かくチェックされます。

外観としては、カラーや傷・損傷の有無、パーツが純正品かどうかなどをチェックされます。

内装は、カーナビの有無、エアコンの効き具合、ブレーキの効き具合、アクセルの効き具合、見た目のきれいさで判断されます。

さらに、車両の情報として車種や年式、型式、走行距離、事故の有無などが主な評価に繋がります。

また、確実に車査定に影響してくる項目があります。

それは、車検査の有効期限があるかどうかです。

車検の有効期限が切れていると、業者は車検を受けないといけないため、その分マイナスポイントとなります。

しかし、車検が1年以上残っていると、その車検が付いている状態で、次の契約者に提供できるためポイントが高いです。

車種やグレード、交換部品の有無によっても違いますが、一般的に軽自動車の車検は60000円以上、普通車の場合は100000円以上かかるため、その分が勘案されて、車査定にはプラス加算されます。

しかし、車種によっても違いますが、新車を購入して最初の車検は3年後ですが、その後は2年ごとに受けなければならないために、その残っている車検査の有効年月で車検代の相場を日割り計算した金額が上乗せされるに限ります。

実際にはそれよりも低く見積もられる場合もあります。

また、車査定の金額によっては、50000円以下の場合で、車検が1年以上残っている場合は、車両自体というよりも車検の有効があるからその金額が付いているという考えが妥当です。

それを考慮すると、車検をわざわざ受けてから手放すよりは、最初から車検の時期を考えて、最初から切れる手前で引き渡した方が面倒な手続き等ないので楽です。



車検が近い車と、車検のがまだまだ先の車、どちらが高額査定を引き出せるのか。車検をしてから車を売った方がお得なのでしょうか?


タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...