*
ホーム > 良くある質問 > 車を購入した時の書類を紛失してしまったのですが大丈夫でしょうか?

車を購入した時の書類を紛失してしまったのですが大丈夫でしょうか?

車を購入した際の納車時に受け取る書類は、自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車税納税書などですが、その他に取扱説明書やメンテナンス手帳、中古車を購入したのであれば中古車認定書があった場合もあるでしょう。

車査定を受ける時点では、現在走行を許されている車であれば、自動車検査証や自賠責保険証明書、自動車税納税書などには「無いというのでは話にならない」というものがあります。

そもそも自動車検査証を携帯しないまま行動を走行することは、法律違反です。

自賠責保険入っていないことも法律に反してることになりますので、それを証明する書類がないことは問題です。

自動車税納税書などは、もし支払っていないことでそれらがないということであれば、その分を差し引いた査定額になりますが、そこまで問題ではありません。

自動車検査証や自賠責保険証明書、自動車税納税証明書は再発行が可能ですので、紛失に気がついたら速やかに手配しましょう。

特に自動車検査証が携帯されていない車には乗ってはいけないこととなっていますので、その点注意が必要です。

モラルを疑われる事にもなりますので、それが車査定額に響かないとも限りません。

メンテナンスをしていないオーナーではないかと深読みされることもあります。

取扱説明書などを無くしてしまっていれば、買取側が買取後に手配することも出来ますので、そこまでナーバスにならなくても大丈夫です。

中古車認定書も、購入した当時の車の状態を記しているものですから、現状とはあまり関係がありません。

もちろん「事故車でない車を購入し、現在も修復歴がない」ということの証明の一部にはなりますが、車査定士のチャックでも凡そはつかめるものです。

しかし自らが行っていたメンテナンスの記録が記載されているメンテナンス手帳を紛失してしまったのであれば、大変勿体無いことです。

車査定士は「メンテナンスが行き届いた車」ということは、見ればわかります。

しかしそれを証明するメンテナンス手帳の存在があれば、更に査定額アップに繋がることもあります。

再発行や証明が可能であれば、それは取り揃えておいたほうが良いでしょう。




タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...