*
ホーム > 良くある質問 > 車のホイールは純正品のほうが好評価?

車のホイールは純正品のほうが好評価?

車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミホイールがあります。

簡単に交換できることからドレスアップには欠かせないものになっていますが、車査定ではどのような扱いを受けるか気にるはずです。

以前であれば社外品を装着したまま売却しても問題はありませんでしたが、その際には純正パーツを必ず一緒に引き渡すのが一般的です。

それだけ純正品の需要は高くなりますので、社外品は取り外して査定を受けた方が良いのです。

純正品にはデザイン的に良いものはありませんが、耐久性や安全性に関しては社外品とは比較にならない性能を持っています。

ですから車査定でも純正パーツを装着した方が良いのです。

特にディーラーに売却する場合には、純正パーツでなければ対応しないディーラーもありますので、ノーマル状態に戻すことが最適だと言えます。

社外品のアルミホイールは、車査定に出すよりも個別に売却した方が高く売れることが多くなります。

現在ではインターネットの普及もあり、個人でも簡単にネットオークションに出品できるようになっていますので、装着したまま査定を受けるよりも経済的なのです。

一方で装着したまま売却した方が良い場合もありますので、中古パーツとして価値があるのか確認する必要があるのです。

アルミホイールは傷や酸化によるカビが発生する場合があります、このような状態では中古パーツとしてもほとんど価値が無くなってしまいます。

そのまま自宅で保管しておくわけにはいきませんし、処分するには費用が掛かりますので、中古パーツとして価値が無い場合には純正パーツと共に売却してしまった方が良いのです。

車には人それぞれに求めるものが異なりますし好みももちろん異なる訳ですから、好みと合わないパーツが付いている場合には中古車で購入してから処分する必要が出てくるのです。

一方で純正パーツは中古種で購入した後に売却する際にも活用できますので、車査定では純正パーツに交換した方が良いのです。



ホイールを付け替えている改造車と、純正のホイールを付けている標準的な車とではどっちが査定額が上がるのか検証しました。


タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...