*
ホーム > 良くある質問 > 浸水した車でも売ることはできる?

浸水した車でも売ることはできる?

浸水した車が売れるのかということであれば、どんな車として売るかということを度外視すれば、必ず売れます。

車には「日本国内で中古車として活躍する車の買取」と「部品取りの車としての買取」、「鉄や非鉄金属などの資源としての活用を目論んだ買取」、そして「海外輸出用としての買取」があります。

浸水した車とは、水に浸かってしまったことがある車です。

車は雨風にはかなり強いのですが、下からの水には弱いという特徴があります。

浸水してしまうと、エンジンまわりの電気系統に不具合が出たり、エンジンが稼動しているときに浸水にあったならば、エンジン内部に破損が起きていることもあります。

内装が生乾きのままになったため、嫌な匂いを発していたり、カビが生えていたりもします。

マフラー内部が水によって腐食している時もあるでしょう。

内外のサビが浮きやすくもなります。

事故車よりも目には分かりにくいのですが、不具合をたくさん抱える車になってしまうこともあるのです。

車査定において入念にチェックする箇所に不具合が出てしまうことがほとんどですので、当然車査定額にも影響してしまいます。

水に浸かったか否かというのは、車査定士でも判断が困難ではあります。

全く走らないという状態であれば誤魔化しは効きませんが、「言わなくてもわからない」というものもあります。

しかしこれを正直に告知しないことは、瑕疵担保責任を問われることになりかねません。

きちんと話した上で、車査定を受けましょう。

査定額としては日本国内で中古車として活躍可能な程度の損傷であれば、一番高く売れる可能性があります。

その次が、車として海外に輸出するケース、それに続いて部品取り、そして資源としての買取の査定額の順になります。

日本国内で車として活躍できる形で買い取られる場合でも、修復や直し、メンテナンスに必要な経費を差し引かれた額が査定額になりますので、問題がない車に比べたら、当然査定は低くなります。

しかしどういった形であっても、売ることは出来るのです。




タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...