*
ホーム > 良くある質問 > 査定に季節要因ってある?

査定に季節要因ってある?

車査定はさまざまな要因を加味した末に決定されるものです。

自動車の外装や内装といったことは言わずもがな重要な事柄となりますが、それ以外にもさまざまな要素が査定額には影響を与えます。

たとえば走行している場所が海沿いの地域だったりするような場合には、鉄やアルミなどの金属で出来た部品が塩分で痛んでいるというリスクが生じることとなりますので、車査定の場合でも減点対象として扱われることがあるでしょう。

ですがこうした点以外にも重要な点として存在しているのが「車査定を依頼する季節」です。

車査定を依頼した結果に決定される査定額には、少なからず季節が影響を与えているのです。

基本的に業者が買い取った中古車というものは次のオーナーに販売されることによって価値を持つ商品となりますが、「次のオーナーが見つかるかどうか」ということは、業者が決定できることではありません。

もちろん中古車業者はさまざまな手段で広告を行い、なるべく多くの顧客を獲得しようとしますが、もし「車がほしい」という人が少ないような時期だったのであれば、どれだけ中古車を豊富に保有していても次の顧客に売ることができないということになるのです。

ではいつごろが一番車査定を有利に進められる時期になるのかというと、これは大型連休の前や、引越しや転勤が増えるシーズンということになります。

大型連休の際には日本において、多くの人が自動車での旅行を検討することとなりますし、引越しや転勤に際して自動車が必要になったという人が増えれば、それだけ中古車販売業者にとっての顧客は増えるいうことになります。

中古車販売を行う業者にとっては「多くの在庫を抱えても売ることが出来る時期」ということになりますから、多少高い買取価格であったとしても利益につなげることが出来ると判断されるのです。

ですから、もしも車査定をより有利に進めたいと考えるのであれば、ゴールデンウィークや転勤が増える「冬の終わりから春より少し前」や、「秋の行楽シーズンの直前」などを狙うのが一番効率的ということになるのです。




タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...