*
ホーム > 良くある質問 > 査定って何を基準に判断される?

査定って何を基準に判断される?

車の買い替えなどで今乗っている車を売りたいときには、専門の業者に査定してもらい、査定額に納得がいけば売りに出すことになりますが、車査定の基準をよく知らないと査定に不満を抱くことになります。

車査定の基準を知っておくことは納得のいく売却につながり、気持ちよく古い車と別れることができます。

どの業者でも、基本的には車査定する部分はほぼ同じです。

しかし、部分が同じでも評価方法がことなり、そこで各社に違いが出てきます。

例えば、各社独自の評価方法において、その基準を市場価格とする業者もあれば、売却する予定の車の車種のグレードや年式を加味する業者もあり価格にばらつきが出ます。

具体的な査定箇所は、外装、内装、走行距離、エンジン周りとなります。

外装査定の際、最も重要となるのがボディーカラーです。

人気のあるカラーであれば高い価格がつきます。

また、傷やへこみも大きなポイントとなりますが、下手に隠そうと修理してもすぐにばれてしまい、隠そうとしたためにまだ隠しているところがあるのではないかと、査定しの目はより厳しくなってしまうことがあり、かつ修理代は買取価格に反映されるわけではないのでかえって高くつくことがあります。

そのため、適正価格で買い取ってもらいたいならば、あまり手を加えない方が安全です。

内装は、シートやフロアマットが汚いと大きなマイナスポイントになってしまい、交換が必要と判断されればその影響は甚大です。

また、ペットやたばこの匂いも敬遠されがちです。

走行距離は、普通自動車で年間約10000km、軽自動車で約8000kmとされており、これを大きく下回っていると買取価格は高くなります。

エンジン周りでは、エンジンの異音、オイル、プラグの状態、改造パーツの有無、修復歴などがチェックされますが、エンジンをオーバーホールしたり、載せ替えたりしている場合、申告するとプラス査定になる場合があります。

このように一定の基準の下、車査定は行われていきます。




タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...