*
ホーム > 良くある質問 > 損傷が大きくても査定をしてもらうことは可能?

損傷が大きくても査定をしてもらうことは可能?

車査定では事故や接触した時にできてしまった損傷があれば査定が受けられないのではという疑問が出てきます。

確かに損傷がある場合には車査定でも不利な条件となってしまいますが、査定を受けられないということは無いのです。

事故で大破した場合や、故障で動かなくなった車の場合には、ディーラーや買取専門店の査定は断られてしまうのが普通です。

しかし廃車になるような状態の車でも買取を行う専門業者があるのです。

事故車や不動車、水没車など中古車としてはほとんど価値が無い車でも、専門の業者では買取りを行っているのです。

しかし素人では判断できないのが車の価値ですから、何もせずに諦めてしまうのではなく新車ディーラーの下取り査定を受けることが大切です。

ディーラーで車査定を受けてもらえない場合には、買取専門店で査定を依頼してみるのです。

それでも査定が付かない場合には、廃車専門の買取業者に依頼するのが基本的な流れとなります。

廃車専門の買取業者でもオンライン一括車査定を行っていますので、まずは利用して見ることが大切なのです。

コンディションが悪いからといって査定が受けられ無いのでは無く、コンディションなりの査定額しか付かないという理解が必要なのです廃車専門の買取業者では、業者によって査定額に差が出てきます。

廃車専門の買取業者は、通常の買取り専門店とは買い取った後の活用方法が異なるのが理由です。

再生して中古車市場に流す場合もありますし、部品を取り外して中古部品として売却することも可能です。

車はアルミや鉄、プラスチックなど大部分がリサイクル可能な材料でできていますので、解体して資源として生まれ変わらせることもできるのです。

このように廃車専門業者に買い取られた車は業者ごとに処分の方法が異なっているのです。

ですから一括査定を活用するなど、高額で買取できる業者を見つける必要があるのです。

事故などで壊れてしまった車でも買取ができますので、高額査定を出す業者を探すことがポイントになってくるのです。




タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...