*
ホーム > 良くある質問 > 売却時に必要な書類って何でしょうか?

売却時に必要な書類って何でしょうか?

新車を購入する際、今乗っている古い車を売却して、下取り割引を受けたり、または新車購入の資金にしたりすることはあります。

しかし、車を売却する際には本やCDのようにリサイクル店で身分証をみせて、サインをし手続き終了というわけにはいきません。

様々なものが必要となり、それらを準備しなければならないのです。

車を売却する場合、まず車査定をしていくらくらいで買い取ってもらえるのかを確認しますが、この車査定だけならば車検証と自賠責保険証明書で行うことができます。

このいずれの書類は、車に常備することが義務付けられていますので、ルールを守りさえしていればそれほど手間はかかりません。

しかし、いざ車査定を経て売却となると普通自動車と軽自動車で必要書類は異なります。

普通自動車の場合は、上記であげた2つ以外に、自動車納税証明書、リサイクル券、印鑑登録証明書、実印を自分で用意し、売却先が譲渡証明書、委任状を用意します。

また引っ越しなどにより、車検証に記載の住所と現住所が異なる場合や結婚などにより姓が変わった場合、必要なものは変わってきます。

1回の引っ越しの場合は住民票、2回の引っ越しの場合は住民票の除票、3回以上の引っ越しの場合は住民票と戸籍謄本の附票、結婚などで姓が変わった場合は戸籍謄本などが必要とされる場合があります。

軽自動車の場合は、普通自動車よりも必要なものは少なく、印鑑登録証明書は必要ではなく、また実印でなく認印でよく、売却先は自動車検査証記入申請書を用意することになります。

普通自動車、軽自動車いずれの場合も必要な書類は車検証ケースの中に保管しているものがほとんどなので、実際に用意するのは普通自動車であれば実印と印鑑証明、軽自動車であれば認印ということになります。

また、本人確認のために免許証の提示を求められますので、忘れずに用意します。

これらのような各種書類が車査定、売却に応じて必要となります。




タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...