*
ホーム > 良くある質問 > 付属品ってあったほうがいい?

付属品ってあったほうがいい?

車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必ず持って行ってください。

車を購入したときについてきた付属品がすべて付けて車査定に出すようにしなければいけません。

実はこれらもすべて車査定額に影響するからです。

ちなみにどのような付属品が特に重要になるのと言えば説明書は必ず必要になります。

説明書がなければカーナビの使い方などが分からなくなるからです。

他にも何か消耗品であっても付属しているものがあればすべて付けてください。

これらがあるかないかによって車査定額が違ってきます。

車検証ももちろん必要になるものですのでつけてください。

あとディーラーで車を購入した場合には粗品などをもらった方もいらっしゃいますが、これは不要です。

車の付属品ではありませんのでそのまま持っておいてください。

しかしどのようなものが付属していたのか全く覚えていないという方も多いはずです。

この場合にはまずは説明書を見てください。

ついているものについてのすべての情報を掲載しています。

もしも説明書もなくしてしまった場合には購入したディーラーのサイトなどに掲載している場合もあるのでそちらの方から見てください。

何かと細かいものが付属していた場合も多いので失ってしまっている方もいる場合もありますができる限り持っていくようにしてください。

ちなみに付属する品が与える査定額の影響というのはその品物によりけりです。

あってもなくてもそれほど影響しないものはなくても問題はありませんが、説明書はなければ影響する場合もあります。

そして当然付属するものも査定の対象となるものであれば本体の車と同じようにきれいにしてください。

汚れがついているの出ればそれらをきれいになければいけません。

もしも汚いとあまりプラス査定にならないこともあるのです。

そしてビニールなどに入っているものがあればそこから出さずにビニールのままで一緒に査定に出してください。



車を購入した時にはあった付属品は今はどこにあるでしょうか?車査定において一生懸命探す価値はあるのでしょうか?


タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...