*
ホーム > 良くある質問 > 事故車だとやっぱり査定額に影響でる?

事故車だとやっぱり査定額に影響でる?

車の買い替えなどで古い車を売りたいときなどに業者に依頼し車査定をしてもらい買い取ってもらうことになります。

このとき、車が事故車かどうかにより査定額に大きな差が出てしまいます。

そこで査定時には知っておきたい知識があります。

そもそも事故車という言葉は査定において存在しません。

事故車という言葉は査定業者が客にわかりやすくするため、もしくは査定を有利に進めるために使います。

正確には事故車ではなく修復歴車といいます。

では具体的に修復歴のある車とはどういうものをいうのでしょうか。

基本的にフレーム、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエータコアサポートなどどれか一か所でも交換、修理したことがあると修理歴車となり査定額の減額対象となります。

例を挙げると、駐車場で停車中に、他の車が衝突してきてドアとピラーを交換した場合や雪道でスリップして電柱にぶつかり、バンパーとボンネット、ライトを交換し、さらにクロスメンバーの修復した場合などは修復歴車となります。

これらのような場合を修復歴車と言いますが、逆を言うと、これらの部分以外を修復したり、交換した場合は修復歴車とはならない、つまり査定の減額の対象とはならないのです。

このことを知っていると、修復歴があるからといって車査定の業者が減額になりますと言ってきたときに、たとえば、ドアを交換しただけでピラーまでは修理、交換しませんでしたと言うだけで、車査定業者をけん制し、不利な査定を防ぐことができます。

このように車査定においてこちらにも車査定に関する知識があることを業者に知らせることは大変重要であり、先に述べた車査定を業者に有利に進められないようにするテクニックと言えます。

ですから、車査定を依頼する場合は、その前に査定に関する知識を高め、自分の車の状態を熟知しておくことはとても重要なことと言えます。




タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...