*
ホーム > 良くある質問 > ホイールってアルミの方が高評価?

ホイールってアルミの方が高評価?

近頃では、新車の時点でアルミホイールを履かされていることもあります。

しかしリーズナブルな車であれば、スチールにキャップがはめられているだけということもあります。

新車当時は様々ですが、自分のものになってから、好みで社外品のホイールを履かせることもあるでしょう。

高性能のホイールは走りにも関わってきますし、燃費や安全性の面でも良い影響が出るということは広く知られています。

履かせた姿がスタイリッシュに仕上がるというのも、人気の要因です。

車査定で見られるのは、車のコンディションや、内装外装の有様です。

それと同時にどの程度の人気がある車種か、ニーズが高いかといったことも、車査定額には関係してきます。

アルミホイールを履かせていれば、それだけ車査定では評価を得ることに結びつきます。

それが格好の良い高性能のものであれば、尚の事高評価を得ることとなります。

車査定は、マイナスしてゆく作業です。

その車には査定額の基準があり、不具合があればその点をマイナスしてゆき、最終的な査定額が導きだされます。

しかしメンテナンスが行き届いていることや、人気やニーズがあるといったものは、その基準額にプラスされるものです。

「良い純正部品または社外品を取り付けている」ということもまた、プラスされてゆく項目となります。

年式が古かったとしても、同型の車よりも査定額が良いという車は多々見られますが、それは査定において「プラス要因が多い車だった」ことが評価につながり、査定額に反映されたのです。

ただし全ての買取業者が、その正当な評価ができるとは限りません。

そのようなパーツについての専門の知識を持った査定士でなければ、評価できないこともあります。

また「くず鉄として車を買い取る業者」に持っていけば、どんなパーツを付けていても、重さや排気量だけで値段をつけられることもあるでしょう。

1社だけから査定額を取り寄せて決定するのではなく、一括請求などで何社からも査定額を取り寄せてみるというのも、手段としては有効です。




タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...