*
ホーム > 良くある質問 > まだローンが残っているのですが査定は可能?

まだローンが残っているのですが査定は可能?

基本的に車査定を受ける際には、あらかじめ残債の返済を済ませておく必要があります。

特にディーラーローンの場合、担保の一環として所有権が販売会社に留保されていることが多く、車のユーザーは使用者という立場になっています。

このため、所有権が留保されていると、使用者は車を売却することができません。

車を売却するには、使用者が残債の支払いをすべて済ませて所有権の留保を解除する必要があります。

このように車査定を行う上では元々このような基本原則が存在するわけですが、このような原則をあまりに重視し過ぎると、新車を沢山売る機会を失ったり、買取を活性化させることができません。

そこで現在では、たとえこのような形式の債務が残っていたとしても、車買取や車査定が行えるようになっています。

どのような方法で行っているかと言うと、車査定で見積もってもらった評価額で車を売却し、その売却分の中から債務を返済するというものです。

販売会社などが行っていた所有権の留保も、債権を返済することで解除されます。

ただし実際にこの解除手続きを行うには少々手間がかかります。

このため、この解除手続きを車買取店などに委託すると、想像を超えるほどの高額な別途手数料を請求される場合があります。

このため事前に確認しておくことをお勧めします。

この他のケースでは、元々既に長期のローンを組んでいる場合においては逆に査定評価額が残債を下回ることがあります。

もし現在このようなケースであれば、不足分を支払った上で車を引き渡し、残債を整理すると良いでしょう。

なお最近ディーラーの間では、この他にも「残価設定ローン」というものを利用しています。

これは、債務の返済が途中でも売却できることを制度化したものです。

実際に契約を締結すると、締結時から3年後や5年後の車査定額を事前に見積もり、それから判明した評価金額を差し引いた金額をローンで支払っていけるようにしてもらえます。




タグ :

関連記事

車査定アプリは便利なのか?
Buy王は最悪なのか?
評価が悪くなる車の特徴って?
長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いもの...
付属品ってあったほうがいい?
車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必...
車のホイールは純正品のほうが好評価?
車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミ...