*
ホーム > 基礎知識 > 査定時にチェックされる場所

査定時にチェックされる場所

車査定を考えた時に少しでも高く売りたいと考えます。

そこで車査定される場所を知っておくことが重要になってきます。

自動車査定時には前部や下回り、フロントガラスを確認されます。

また、細かな部分では側面の外板やビラー、下回り、後部の外板などもチェックされます。

そしてトランクルームの中や下回り、ループパネルなどそれぞれのガラスもチェックされます。

車査定では基本外装、内装の標準状態はキズがない状態であることが設定されています。

なので、大きなキズや凹みがある場合などはマイナス査定の原因となってしまいます。

ですが、通常使用しているとキズが付いてしまうドア周辺のキズや鍵穴周辺の小さいキズなどは査定時にはあまりマイナスにならないことが多いです。

また、車体の凹凸を少し離れた位置からチェックして色褪せがないかもチェックされます。

自分でキズを目立たなくしようと塗料などを使って修復しようとしてしまうと余計に目立ってしまう場合が多いのでそんな場合は無理に修復しないことが査定時にプラスとなるコツでもあります。

車の本体、外装や内装や電装、エンジン、足回りなど標準状態と比べられ良ければブラス査定悪ければマイナス査定となります。

それから装備品や商品価値としてのタイヤ、走行距離や車検の残り、自賠責の残り、修復した形跡なども考慮されます。

電装や修復暦は殆どがプラス査定にはなりにくです。

また、事故暦や修復暦があれば申請する必要があります。

万が一隠していてもプロの鑑定士は過去に事故暦や修復暦があったことを見抜くことは難しいことではないのです。

見逃してしまいそうですが、社内の臭いもチェックされます。

車検の残り期間や自賠責の残り期間は反対に少なくてもあまりマイナス査定となることはなく残っている期間がながければプラス査定となります。

自動車査定に出すときは車検が少しでも多く残っていたほうが業者が自分でクルマ検に出さないですむのでプラス査定になりやすいのです。




タグ :

関連記事

車一括査定サービスの無料申し込み方法
それでは、早速、かんたん車査定ガイドに登録しましょう。私が登録した時の画面キャ...
どうしたら車をすぐに売れるの?
どうしたら車をすぐに売ることができるのかについて解説していきます。 車をすぐに売...
ディーラーの下取り金額が安いのはなぜ?
ディーラーの下取り金額が安いと思っていませんか?ここでは、ディーラーの下取り金...
キャンピングカーを乗り換える時の注意点
キャンピングカーとは、一般的には、寝泊りできる設備を備えた車のことでこれからの後...
WEBで査定された金額で売却って可能?
近頃では車査定から愛車を売却される人が多いです。 その理由は何と言ってもディーラ...