*
ホーム > 基礎知識 > 改造車と査定額の評価について

改造車と査定額の評価について

自動車には現在、様々な改造用パーツが販売されています。

内装部品であればより快適に運転できるように設計されたシート、外装部品であればエアロパーツ、機能部品であればエンジンやマフラーといった各部をより高性能にチューニングするパーツなどがこれにあたります。

自動車に触れることが趣味であるという人の中には高額な費用をかけて改造を行っている人もいますが、車査定において、改造車は時として価格変動の要因になるということには注意が必要です。

ノーマル状態の車に純正メーカーが製造したもの以外のパーツをつけているような場合には特に注意が必要です。

車査定において純正メーカーが製造したもの以外のパーツがつけられた改造車は、通常の車両ではない「特殊な車両」としての評価を受けることとなります。

そうした特殊な車両は通常の車両に比べて中古車として販売しづらいと判断されることになりますので、自動車査定においても価値が下落しやすいのです。

また自動車のオーナーとなる人はそれぞれに異なる好みや目的を持っていますから、次のオーナーが手を加えられるノーマル車のほうが人気も高くなるのです。

お金をかけて改造すれば改造するほど、その車に対する需要は下がり、自動車査定における価値の下落を招くということには注意が必要でしょう。

ですがこれには例外があり、たとえば外装パーツとして純正メーカー品以外が用いられていたとしても、それが高級ブランドのもので統一されていたのであれば、価値が上昇することがあります。

またマフラーやホイールなどにおいてもより高性能であり、品質の評判も高いというようなものが装着されていたのであれば、価値の上昇要因となってくれます。

とはいえそうした改造車を適正に判断するには、改造部品に関する深い知識が求められることとなります。

通常の自動車の査定をメインで行っている業者であると、そうした改造部品に関する判断が下せないということも予測されますから、改造車の査定を行ってもらうという場合であれば、専門の業者を選ぶことが無難であるといえるでしょう。




タグ :

関連記事

入力項目は多いが正確な車査定サービス
車査定ちゃんオリジナル査定ツールよりも入力項目は多くなりますが、お近くの車買取に...
車一括査定サービスの無料申し込み方法
それでは、早速、かんたん車査定ガイドに登録しましょう。私が登録した時の画面キャ...
どうしたら車をすぐに売れるの?
どうしたら車をすぐに売ることができるのかについて解説していきます。 車をすぐに売...
ディーラーの下取り金額が安いのはなぜ?
ディーラーの下取り金額が安いと思っていませんか?ここでは、ディーラーの下取り金...
キャンピングカーを乗り換える時の注意点
キャンピングカーとは、一般的には、寝泊りできる設備を備えた車のことでこれからの後...