*
ホーム > 高額査定のコツ > 外装のチェックポイント

外装のチェックポイント

車査定をするとき、査定をする人はどのようなところを見ているのでしょうか。

今回は車査定を、特に外装に絞り込んで注目していきます。

まず車査定をする人が外装で見るところといえば、車のバランスです。

車のバランスというのは、どのようなことなのでしょうか。

車を正面から見た場合、その車は当然左右対称でなければなりません。

しかし、事故などを起こしている車の場合、その左右のバランスが狂っていることがあります。

一見事故など起こしていないようなピカピカの車であっても、車のバランスが狂っているようですと、その車は修復された可能性が高いということになります。

もちろん、修復したことをあらかじめ言っておけば、それを踏まえた査定をしてくれます。

しかし、それを黙って車査定に臨んでしまっても、いつかはばれます。

ばれたときの心象というのはあまりよいものではありません。

次に塗装です。

塗装と言っても、目に付くような部分の塗装ではありません。

ぱっと見ではあまり目に付かないような部分の塗装です。

例えば、車のボンネットを開けたその内側の塗装です。

車が事故を起こして修復をしたとき、目に見える部分の塗装というのは比較的しっかりと行います。

しかし、ボンネットの内側の塗装が修復によってはげてしまったとしても、特に影響はありませんので再塗装しない業者も結構あります。

こうなると、修復をしたことの証拠となってしまいます。

さらに、様々なドアの開閉に関しても、車の査定をする人はチェックをします。

運転席、助手席、後部座席のドアのチェックはもちろんのこと、リアゲートやボンネット部分の開閉もチェックします。

事故を起こして修復をすると、ドアの開閉があまりしっくり行かないことがあります。

スムーズに動かなかったり、閉めたときに隙間が出来てしまうことがあるのです。

こういったことも、外装のチェックのときに行われます。

事故を起こして修復をしたときには、正直に言うのが賢明です。



1位

カービュー

車買取No1実績、トヨタのT-upを含む唯一の一括査定サイト!
2位

かんたん査定ガイド

登録後即買取金額目安が出るのはここだけ!対象車買取業者数45社以上。
3位

ズバット車買取

かんたん査定ガイドにない業者もカバー。対象車買取業者数155社以上。
4位

事故車買取タウ

事故車買取No1!事故車、キズへこみがある車、水没車は事故車タウで決まり!
6位

カーネクスト

レッカー代無料、書類作成代行無料!走行距離5万キロ以下で1万円上乗せ。

タグ :

関連記事

ハマーの車の高額査定を引き出すコツ
ハマーをお乗りの方で、乗り換えを考える際に、中古車査定に出すときに知っておきたい...
スマートの車の高額査定を引き出すコツ
スマートを車査定に出すときは、その特徴を押さえておく必要があります。 例えば、ス...
ミニの車の高額査定を引き出すコツ
ミニは見た目は似ているもののこれまで数多くのグレードや特別モデルが発売されており...
AMGの車の高額査定を引き出すコツ
メルセデスの高級バージョンとして知られるAMGですが、メーカー純正パーツや性能ア...
光岡の車の高額査定を引き出すコツ
数ある日本国内メーカーの中でも光岡自動車ほどユニークなメーカーは他にありません。...