*
ホーム > 良くある質問

良くある質問記事一覧

評価が悪くなる車の特徴って?

(公開: 2016年4月14日)

長く乗り続けている愛車には、自然と愛着も強くなるものです。特に思い入れの強いものであれば、普段の手入れをマメに行ったり、キズや凹みなどがあればその都度修理をしたりして、綺麗な状態を保つのは車が好きな人であれば誰しも行うことです。 また、マメなメンテナンスを行うことで、その寿命も長いものにすることがで…

付属品ってあったほうがいい?

(公開: 2016年4月 7日)

車査定を受ける時には付属品があったほうがいいのかそうでないのか悩むところですが必ず持って行ってください。 車を購入したときについてきた付属品がすべて付けて車査定に出すようにしなければいけません。 実はこれらもすべて車査定額に影響するからです。ちなみにどのような付属品が特に重要になるのと言えば説明書は…

車のホイールは純正品のほうが好評価?

(公開: 2016年4月 7日)

車査定では後から装着したアフターパーツの取り扱いに悩みますが、その代表格にアルミホイールがあります。簡単に交換できることからドレスアップには欠かせないものになっていますが、車査定ではどのような扱いを受けるか気にるはずです。以前であれば社外品を装着したまま売却しても問題はありませんでしたが、その際には…

車検の有無って査定額に影響する?

(公開: 2016年3月31日)

車を手放すことにはいろんな理由がありますが、一番多いのは新しい車を購入するために、それを下取りに出すことで、購入資金とする場合です。 その場合には車査定をしてもらうことにより、現段階の評価額を出してもらう必要があります。 通常は、業者に依頼することで見積もりを出してもらいます。 その際に業者が見る項…

なるべく早く売ったほうがやっぱり高くなる?

(公開: 2016年3月31日)

車を売る時に高く売る為には売却方法に一工夫する事が大切です。 売り方を考える事によって高値になり易くなりますが、ではどういった工夫が大切になるのかと言いますと、その一つのポイントとしてタイミングが挙げられます。 車というのは消耗品になりますので売却する際には早く売った方が良いのか迷ってしまう事も少な…

車を購入した時の書類を紛失してしまったのですが大丈夫でしょうか?

(公開: 2016年3月24日)

車を購入した際の納車時に受け取る書類は、自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車税納税書などですが、その他に取扱説明書やメンテナンス手帳、中古車を購入したのであれば中古車認定書があった場合もあるでしょう。車査定を受ける時点では、現在走行を許されている車であれば、自動車検査証や自賠責保険証明書、自動車税…

改造車で査定は可?

(公開: 2016年3月24日)

改造車と言っても様々ですから、その度合にもよりますが、改造車だからといって、買取業者が買取を行わないということはありません。きちんと車査定を行って、買取価格を決定します。ただし改造車は、一般的に見て査定額が低い傾向にはあります。ノーマルで乗りたいという人もいますし、中古車を買って自分の好みに改造した…

浸水した車でも売ることはできる?

(公開: 2016年3月19日)

浸水した車が売れるのかということであれば、どんな車として売るかということを度外視すれば、必ず売れます。車には「日本国内で中古車として活躍する車の買取」と「部品取りの車としての買取」、「鉄や非鉄金属などの資源としての活用を目論んだ買取」、そして「海外輸出用としての買取」があります。浸水した車とは、水に…

事故車だとやっぱり査定額に影響でる?

(公開: 2016年3月19日)

車の買い替えなどで古い車を売りたいときなどに業者に依頼し車査定をしてもらい買い取ってもらうことになります。このとき、車が事故車かどうかにより査定額に大きな差が出てしまいます。そこで査定時には知っておきたい知識があります。 そもそも事故車という言葉は査定において存在しません。事故車という言葉は査定業者…

ホイールってアルミの方が高評価?

(公開: 2016年3月 3日)

近頃では、新車の時点でアルミホイールを履かされていることもあります。しかしリーズナブルな車であれば、スチールにキャップがはめられているだけということもあります。新車当時は様々ですが、自分のものになってから、好みで社外品のホイールを履かせることもあるでしょう。高性能のホイールは走りにも関わってきますし…

1  2  3