*
ホーム > 基礎知識 > 査定後売却するときに必要な書類

査定後売却するときに必要な書類

車査定を行っていざ売却をすることになったら、必要な書類を各種用意しておく必要があります。

最近の車査定はインターネット上などのサービスでとてもスピーディーな流れで買取まで出来るようになっています。

自分が車を売りたいと思ってから売却が出来るまでの期間はさほど長い物でもなく、あっという間に買い取ってもらえるまでの査定は完了することでしょう。

こうしたら自分が手放す車について必要な書類は、車査定の間に揃えておく準備も合わせて行っておくと良いでしょう。

自動車検査証のように自動車の中にあらかじめ保管されているものもあれば、自分が手続きを行って用意しなければならない書類もあります。

発行後一か月以内の印鑑証明書は必要になります。

自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が異なる場合は住民票や、結婚により姓が変わってしまった場合には戸籍謄本が必要になってくることもあります。

この他自動車納税証明書も必要になります。

自動車税を支払っていれば納税証明書は発行されていますので、保管してこうした手続きの際に必要書類として合わせて提出することになります。

他に必要な書類には自賠責保険証明書、預託済みの場合のリサイクル券などがあります。

また車を売却する際に各種手続き書類を作成するために実印も持参する必要があります。

そして車を売ったあとの支払い代金を受け取る口座を設定しておくことも必要です。

もしもこれらの書類の中で紛失をしていた場合は再発行をしてもらうことが可能です。

自賠責保険証明書は本人確認出来るものがあれば無料で発行が行えます。

納税証明書は管轄の都道府県税事務所で無料で再発行してもらえます。

自動車検査証に関しては登録した陸運局で再発行が可能ですが、手続きの際に申請書類代と手数料が必要になります。

書類の紛失に気が付いたら車査定 をしてもらっている間に再発行手続きを行っておくと、時間がかからずにスムーズな買取が行えます。



1位

カービュー

車買取No1実績、トヨタのT-upを含む唯一の一括査定サイト!
2位

かんたん査定ガイド

登録後即買取金額目安が出るのはここだけ!対象車買取業者数45社以上。
3位

ズバット車買取

かんたん査定ガイドにない業者もカバー。対象車買取業者数155社以上。
4位

事故車買取タウ

事故車買取No1!事故車、キズへこみがある車、水没車は事故車タウで決まり!
6位

カーネクスト

レッカー代無料、書類作成代行無料!走行距離5万キロ以下で1万円上乗せ。

タグ :

関連記事

車一括査定サービスの無料申し込み方法
それでは、早速、かんたん車査定ガイドに登録しましょう。私が登録した時の画面キャ...
どうしたら車をすぐに売れるの?
どうしたら車をすぐに売ることができるのかについて解説していきます。 車をすぐに売...
ディーラーの下取り金額が安いのはなぜ?
ディーラーの下取り金額が安いと思っていませんか?ここでは、ディーラーの下取り金...
キャンピングカーを乗り換える時の注意点
キャンピングカーとは、一般的には、寝泊りできる設備を備えた車のことでこれからの後...
WEBで査定された金額で売却って可能?
近頃では車査定から愛車を売却される人が多いです。 その理由は何と言ってもディーラ...