*
ホーム > 基礎知識 > 天気と査定額の関係とは

天気と査定額の関係とは

車査定を受ける場合には、最もよい状態で受けるのがポイントになってきますので、天気の状態も無視できないものになってきます。

もちろん天気が良いから車査定が良くなる訳ではありませんし、逆に雨が降れば査定額が下がるわけでもないのです。

しかし車査定ではいかに良い状態を査定士に見せるかがポイントになってきますので、綺麗に洗車してワックスを掛けるなど、ボディを綺麗に見せることが重要になってくるのです。

ですから車査定では天気の良い日に査定を受けたほうが環境的には良い状況にあるといえるのです。

天気になったからといってボディの傷が消えるわけではありませんし、雨が降ればへこみが直るわけではないですから、良い条件で査定を受けるには晴れた日のほうが良いと言われているだけなのです。

晴れた日にボディを磨いてから査定を受ければ、陽の光が反射してボディの輝きが増しますので、綺麗な状態を見せることが可能です。

一方で雨が降っているとせっかく綺麗い磨いても雨によって洗車の効果を発揮することができませんので、できる限り良い状態を見せたいのであれば、晴れた日にボディを磨いてかから査定を受けたほうが良いのです。

ボディに対する査定では、小さな傷やへこみはほとんど査定額には影響しないという特徴があります。

買い取った車両を修復せずに販売できる状態であれば、多少の傷があっても査定には影響してこないのです。

ですから晴れていても雨が降っていても基本的な価値はほとんど変わることはないのです。

しかし実際に査定を受けると洗車をしてから来てくれれば、と言ったニュアンスの言葉を査定士から受ける場合があります。

下取を例に取ると、新車を購入してもらうために買い取っているわけですから、できる限り査定を高くしたいのが普通なのです。

車査定では晴れた日でも雨の日でも基本的な価値は変わりませんが、晴れた日に綺麗ボディを見せたほうが印象が良くなりますので、逆に言えばその程度のものだという理解が必要なのです。



1位

カービュー

車買取No1実績、トヨタのT-upを含む唯一の一括査定サイト!
2位

かんたん査定ガイド

登録後即買取金額目安が出るのはここだけ!対象車買取業者数45社以上。
3位

ズバット車買取

かんたん査定ガイドにない業者もカバー。対象車買取業者数155社以上。
4位

事故車買取タウ

事故車買取No1!事故車、キズへこみがある車、水没車は事故車タウで決まり!
6位

カーネクスト

レッカー代無料、書類作成代行無料!走行距離5万キロ以下で1万円上乗せ。

タグ :

関連記事

車一括査定サービスの無料申し込み方法
それでは、早速、かんたん車査定ガイドに登録しましょう。私が登録した時の画面キャ...
どうしたら車をすぐに売れるの?
どうしたら車をすぐに売ることができるのかについて解説していきます。 車をすぐに売...
ディーラーの下取り金額が安いのはなぜ?
ディーラーの下取り金額が安いと思っていませんか?ここでは、ディーラーの下取り金...
キャンピングカーを乗り換える時の注意点
キャンピングカーとは、一般的には、寝泊りできる設備を備えた車のことでこれからの後...
WEBで査定された金額で売却って可能?
近頃では車査定から愛車を売却される人が多いです。 その理由は何と言ってもディーラ...