*
ホーム > 基礎知識 > 事故車の定義とは

事故車の定義とは

一般的には、交通事故などで損傷を受けた車というのは、全て事故車と呼ばれてしまいますが、車を売却する際に受ける車査定においては、交通事故などで損傷を受けた車の全てが事故車というわけではありません。

車査定における事故車の定義とは、車のフレーム部位等を交換したり、或いは修正・補修等を行った車のことを言います。

現代の乗用車の殆どはモノコック構造となっています。

しかし、実際のモノコックボディの構造は、車体軽量化のために、高張力鋼板をブロックごとにプレス加工し、しっかりと溶接した構造になっています。

この、高張力鋼板の部位のことを、現代の乗用車ではフレームと言っています。

このフレームは、交通事故などで大きな外力がかかると、その衝撃によって歪んでしまいます。

その歪みをそのまま放置していては、その車はまともに走行することができなくなってしまいます。

そのため、そのフレームを交換したり、或いは修正と言って、元の形に戻す修理を行ったり、補修を行ったりする必要があるのです。

しかし、そうやって修理を行ったとしても、いったん歪んでしまった車のフレーム構造は、新車の状態には戻りません。

きちんと走行することはできるようになりますが、フレームの修理痕は必ず残ってしまうため、どこかしら車に無理がかかってしまうのです。

そのため、このような車は、車査定においては、大変大きなマイナス査定を受けることになります。

逆に言うと、交通事故に遭ってバンパーやボディが大きく傷ついたり、或いは凹んでしまった車であったとしても、フレームに損傷をもたらすような大きな衝撃を受けていなければ、車査定の際には、それは事故車としては扱われないのです。

何故ならば、その程度の損傷であれば、中古車販売会社がその車を買い取った後で、修理をすることで、損傷を殆ど消してしまうことができるからです。

勿論、車の走行性能や安全性にも影響はありません。

但し、それら大きな傷や凹みについては、車査定の際には、マイナス評価のポイントとなります。



1位

カービュー

車買取No1実績、トヨタのT-upを含む唯一の一括査定サイト!
2位

かんたん査定ガイド

登録後即買取金額目安が出るのはここだけ!対象車買取業者数45社以上。
3位

ズバット車買取

かんたん査定ガイドにない業者もカバー。対象車買取業者数155社以上。
4位

事故車買取タウ

事故車買取No1!事故車、キズへこみがある車、水没車は事故車タウで決まり!
6位

カーネクスト

レッカー代無料、書類作成代行無料!走行距離5万キロ以下で1万円上乗せ。

タグ :

関連記事

車一括査定サービスの無料申し込み方法
それでは、早速、かんたん車査定ガイドに登録しましょう。私が登録した時の画面キャ...
どうしたら車をすぐに売れるの?
どうしたら車をすぐに売ることができるのかについて解説していきます。 車をすぐに売...
ディーラーの下取り金額が安いのはなぜ?
ディーラーの下取り金額が安いと思っていませんか?ここでは、ディーラーの下取り金...
キャンピングカーを乗り換える時の注意点
キャンピングカーとは、一般的には、寝泊りできる設備を備えた車のことでこれからの後...
WEBで査定された金額で売却って可能?
近頃では車査定から愛車を売却される人が多いです。 その理由は何と言ってもディーラ...